第12講 内申点について知っておこう

高校受験に特有なものに内申点があります
内申点とは簡単に言えば中学校の成績のことです

千葉県の公立入試では1年生から評価の対象になるので
中学校入学段階から内申点について知っておくことは重要なことです
 

中学校では各教科5段階評価で9教科あります
したがって、1学年の内申点は5段階×9教科=45点満点になります
千葉県では1年から3年の合計値 45点×3年=135点満点 が入試での内申点になります

実際の公立入試では中学校格差を是正するために得点が若干修正されます
県が算式1と呼ぶもので、中学校の評定合計平均値によって得点が増減されます
 

公立入試は前期選抜も後期選抜も学力検査(学力試験)は500点満点です
入試の合否は内申点135点と学力検査500点の合計値(635点満点)で決まります
(内申点と学力検査の比率は一部の高校で違いがあります)
 

気をつけておきたいのは、3年になった段階で内申点の3分の2は確定していることです
3年になって内申点を上げようと頑張っても、2年までに失った点数は取り戻せません
入学したときから、少しでも学校の成績を上げるよう意識することが大切です

また、勉強の教科も実技の教科も内申点の扱いは同じです
勉強だけでなく、実技教科も手を抜かないようにしましょう
音楽や美術を甘く見ていると後悔することになります
 

3年になると確定していない内申点は45点しか残っていません
入試(学力検査)では500点の持ち点があるわけですから
受験勉強は学校の勉強の10倍以上重要だということになります

3年になったら学力検査の得点を上げられるよう受験勉強を頑張りましょう

 

第13講 検定って取ったほうがいいの? に進む
 

公立上位校合格のための基礎講座 トップページに戻る
 

  

スポンサーリンク

さくら進学クリニックは
千葉県公立上位校の受験情報を独自に解説するサイトです

中学校に振り回わされない
塾に食い物にされない こと
を目標に情報提供しています

個人が趣味で作ったサイトなので進学相談や説明会以外は無料です

さくらって、どんな人?

高校教諭をへて、県内大手進学塾で受験指導を担当した後
現在は公立上位校受験専門塾 さくら進学塾 を1人で運営しています

受験生を25年以上支えてきた教科・受験指導の専門家です

スポンサーリンク