第8講 英語は学校のペースで勉強すればよい

最近は政府の後押しもあり英語教育の低年齢化が進んでいるようです
この世に無駄な勉強などありませんから、必ずしもそれを否定はしません
ただ、高校受験の観点でいえば早期の英語学習はあまり効率のよくない勉強です

英語は中学校の3年間しか学ばない奥の浅い教科です
公立高校の入試問題は学習指導要領の範囲内で作られていますから
要求される知識量は5教科の中で最も少ないといってよいでしょう
(ただし私立上位校では高校レベルの出題もあるので知識量は増えます)
 

上位生にとっては、英語は最も少ない労力で高得点を取れる教科です
実際、千葉県の公立入試では最も高得点を取り易い教科となっています
詳しくは 進学コラム にまとめていますのでご覧ください

少ない労力で得点できるということは
早く勉強を始めても、すぐに追いつかれてしまうということです
したがって、早期の英語学習は公立入試ではあまり有利にならないのです

中学校のペースで勉強しても十分入試に間に合います
ただし、中3になったら秋の過去問に向けて先取り学習を始めましょう
 

公立上位校を目指すなら英語よりも国語ができるほうが有利です

国語は生まれたときから学習が始まる奥の深い教科です
要求される知識量も多いので簡単に得点力を上げることはできません
早期に意識して勉強すれば高校受験で大きな差となって現われるでしょう

小学生から英語塾に通うくらいなら国語塾に通ったほうが得策なのです
 

ただし、英語は中位以下の生徒には理解が容易でない教科です
中位生や下位生は英語塾に通うことで効果を出せるでしょう

 

第9講 数学は練習してできるようになろう に進む
 

公立上位校合格のための基礎講座 トップページに戻る
 

  

スポンサーリンク

さくら進学クリニックは
千葉県公立上位校の受験情報を独自に解説するサイトです

中学校に振り回わされない
塾に食い物にされない こと
を目標に情報提供しています

個人が趣味で作ったサイトなので進学相談や説明会以外は無料です

さくらって、どんな人?

高校教諭をへて、県内大手進学塾で受験指導を担当した後
現在は公立上位校受験専門塾 さくら進学塾 を1人で運営しています

受験生を25年以上支えてきた教科・受験指導の専門家です

スポンサーリンク